【6月新刊】けもフレ本&ホモ被害の話



ーーーーーーーー6/20追記ーーーーーーーーーーーーーーーー
アキバブログさんが取り上げてくれました!
僕も読ませていただきましたが、とても丁寧に紹介してくださっています!

オッサン(パコ太郎)と本気交尾 けものフレンズ同人誌 「けだものセッ◯スフレンズ」

また紹介してもらえるように、
今描いてる本も頑張ってさっさか仕上げようと思います!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

6月になりました。
昨日ベトナム人のホモにめっちゃ太ももをまさぐられた
同人サークルコワレ田ラジ男のヒーローキィです。

今回は二つ告知です。


スイレン本のダウンロード版が
DMMで販売開始!

B5扉&巻頭カラー400
http://www.dmm.co.jp/dc/doujin/-/detail/=/cid=d_109634/



6月新刊のお知らせ!

ついに!あの!
けものフレンズ本が!
6月18日から販売開始です!



なんと今回は44ページ!
いつもよりちょっと長いお話です。



それでは
サンプルをご覧ください。



kemonoAA.jpg




kemono01.jpg



kemono02.jpg



kemono03.jpg



kemono04.jpg



kemono05.jpg



kemono06.jpg



kemono07.jpg



kemono08.jpg



kemono09.jpg



kemono10.jpg



kemono11.jpg



kemono12.jpg








ヤリマンいても
処女マンはいない!

本気の交尾ここにある!

コワレ田ラジ男が送る
夢のコラボ作品!

精液、愛液、よだれ、汗、吐息、
野生の生セックスを堪能いただける作品です。
少部数となっておりますので、お早目にどうぞ。

また、今作イベントでの販売予定はございません。
お求めの方はお手数ですが、通販か書店様までお願いします。


委託販売先書店一覧(リンクは随時追加)

とらのあな
http://www.toranoana.jp/mailorder/article/04/0030/54/51/040030545124.html

メロンブックス
https://www.melonbooks.co.jp/detail/detail.php?product_id=225075&adult_view=1

アイエムワイ

まんだらけ

同人堂
http://web.doujindou.com/view/65398.html




























~~~~~ひとりごと~~~~~~~~


2年ほど前、小旅行でベトナムの
ニャチャンの寺にいったときの話。

ベトナム人のおじさんが写真を撮って
欲しいと身振り手振りで訴えてきました。
僕は快く了承し、
おじさんが見栄えするように、
片膝をついて仏像とおじさんと階段が
綺麗に収まるように写真を撮りました。

おじさんは、お礼だといって
僕に缶ジュースを奢ってくれました。
二人で階段に腰かけ、身振り手振りで意思疎通を試みながら
ジュースを飲みました。
「ああ、これが海外旅行だ。これが人とのふれあいだ。」
そんな事を考えていました。

おじさんのボディランゲージの中には
僕のお腹や背中をさするというものがありましたが、
そんなのベトナムや東南アジアじゃ日常会話の一部だと
僕はこの時信じて疑いませんでした。

おじさんが寺を見て回ろうといったので、
僕はおじさんと寺を見て回ることにしました。


寺を回ろうといったおじさんですが、
そんなに寺のモニュメントに興味があるようには
見えなかったので、寺の香りや異文化感、
どことなく懐かしいような雰囲気を楽しんでいたのは
僕だけだったと思います。




様子がおかしくなったのはこの時です。

おじさんが僕の手をとり、「恋人つなぎ」をしてきたのです。

僕はさすがにちょっと「え?」と思いましたが、
まあこれもベトナムでは普通なのかなと思いこむことにしました。
郷にいっては郷に従え。
その国に行ったら、その国の分化や風習はリスペクトしなければ。
一応自分が日本人の顔であるという意識は多少なりともありました。


第二の違和感を感じたのはこの時です。
おじさんが僕の手をとり向かった先は公衆便所でした。
「恋人つなぎで…公衆…便所・・・・?」
いや、いや、いや。そんな、決めつけてはいけない。
それがおかしいなんて、誰が決めたんだ。
わからないじゃないかそんなの。
僕は自身の内に生まれた偏見の目を押し込めようと努めました。


そして舞台は公衆便所内へと変わります。
僕はそこまでではなかったけど、尿意を催していたし、
おじさんもそうなんだろうと思いました。
二人で並んで小便器に向かいます。

僕もおじさんもチャックを下ろし、
「シャーーーー」
おしっこをして・・・・・・・いませんでした。
いいえ、正確には僕はおしっこをしていましたが、
おじさんはおしっこをしていませんでした。
おじさんはただ僕の股間のソレを凝視していたのです。

なんだか気味が悪いなと思いつつも、
そんな風に思ってはいけないぞという天使の声が
僕の頭の中では争いを繰り広げていました。


小便が終わり、腰をふって尿切りをすませ、
しまおうとしたその瞬間、おじさんの指がニュッ伸び
僕のソレをつまみあげました。

さすがに混乱しました。

「えっ、こいつガチでホモなんじゃ・・・・」

しかし、もう一方で天使が叫びます。

「違うよ!ここはベトナムだよ!
 隣に尿切り足りてない人がいたら助けるくらい
 ここでは当然のことだよ!」


なるほどな。
これはフレンドリーさなんだ。
おじさんは、僕の日式尿切りでは十分に尿を切りきれず、
のちにパンツにじわっと沁みだしてしまう事を見越して、
その不快感から僕を救ってくれようとしているんだ。


本気でそんなことを考えていました。


おじさんは人差し指と親指でつまみあげた僕のソレを
こすって、僕の尿を出し切ろうと必死な様子でした。
おじさんの顔は本気でした。


しかしながら、やはり他人(男)に自分のソレを触られるのは
本能的に不快極まりない。
もういいよと、おじさんの肩をポンポンたたいた瞬間。


おじさんが口をぱっくりと開け、
僕の股間めがけて迫ってきました。



あっこいつは間違いなくホーーーーーーーーーーーーーーー


驚異的な反射神経でおじさんを押しのけ、
僕はその場から兎の如く逃げ出しました。

危ないところでした。

あと一瞬遅かったら、どうなっていたことか。



バイクに乗って遠目から公衆便所を見ると、
うつむきながら手を洗っているおじさんの姿がみえました。



このおじさんは、きっといつもこうして観光客を狙っているんだ。

写真を頼む

お礼のジュース

尿意

トイレ

ホモごっこ


きっと毎回この手口で淫行に及んでいるんだ。


みんなわかりあって世界平和。
そんな寝ぼけたことを普段考えている僕ですが、
この時たしかに怒りと恐怖が頭を支配していました。


あの鯉のようにパックリ口を開けたマヌケ面
今でも忘れません。




僕は偏見やラベルで人や物事を判断するのが嫌いです。
自分の目で、自分の価値観で、見定める。
この考えに対し、色々行ってくれる人たちはいますが、
外野がガヤガヤうるさいなあ位にしか思ってないのが正直な所です。


ですが・・・!

ラベルで人を判断するのは嫌いな僕ですが・・・!

2年前のベトナム小旅行、

そして現在の3か月ベトナム生活、

すでに3人のホモに身体をさわられ言い寄られています。

さすがにそろそろ・・・!




■ホモに対して並々ならぬ嫌悪感を抱き始めた
 ヒーローキィ。果たして彼のベトナム生活は
 今後どうなってしまうのか?!
 














スポンサーサイト

5月になりました。
子供の日とかゴールデンウィークとか
どうでもいいイベントが多い月ですね。

ここ最近のイラストはっておきます。
(どのイラストもクリックで拡大表示できます)


その1

one5.jpg



one6.jpg
















その2
one7.jpg



one8.jpg





















その3
one9.jpg



one10.jpg





週1更新を目標にしたいですが、現状だと月3枚です。
でもくじけずに、月3枚を維持していこうと思います。
焦らず、じっくり。これも筋トレだ





-----------------------ひとりごと-----------------------------


現在僕はベトナムのホーチミンにいます。
カンボジアのプノンペンにて観光ビザを取得してから来たので
最低でも3か月はこの地に滞在する予定です。

プノンペンのキリングフィールドで見つけたちっちゃいイグアナ
IMG_20170419_140450.jpg





さて、既にベトナム入国から2週間が経ちました。

20170420_162806.jpg

20170420_162758.jpg


1泊$3の安宿にも慣れ、
$250でバイクも購入済み。
公園でバドミントンとペニーボードに明け暮れる毎日を送っています。

朝起きて、散歩して、絵描いて、
夕方になったら外いって遊んで
汗びっしょりかいて、飯食って疲れて眠る。
とても健やかに過ごせています。


僕は海外生活を楽しむためというよりは
健康的に日々の執筆を楽しむために海外にいます。
なので、よく「お前ベトナム来てるのにずっとここいんの?」
と同じ部屋のルームメイトに聞かれたりしますが
「そうだよ!!!」とはっきり答えます。

I came to Southeast Asia for build the best shape of my life.
It is not about how many countries did I travel.
The point is am I enjoying my life today or not.


海外に行って視野を広げなきゃいけないとか
人と変わったことをしなきゃ目立たないとか
経験値つまなきゃとか
そういうexternal obligation(外部義務)的な理由で
ここに滞在しているわけではないのです。

絵を描く時間を最大限楽しむために
今は日本じゃないなと感じただけなのです。


関係ないけどブロッサム
ppg.jpg



海外ならすごいとか、有名ならすごいとか、金持ちだからすごいとか
そうじゃない。
ホームレスだろうが大統領だろうが他人は他人。
その人が自分にとって大切かどうかは自分が決めること。
社会が決めることじゃない。少しばかり社会に決定権を委ねすぎじゃないか。
僕自信を含め、僕が付き合ってきた日本人の多くはそういう人が多かった。

僕の感じた違和感を的確に表現している漫画
情報を食ってるんだ
34e4489b.jpg



それらに違和感を覚えたとき、自分をニュートラルな状態にするためにも
日本を離れてみるべきだと思ったんです。







姉イラスト、抜歯、タイの田舎

数日前に親知らずを抜いたヒーローキィです。

1本抜くのに3000バーツ(一万円くらい)だったのですが、
日本だったら保険適用で2本で3000円くらいから抜けるそうで、
お馬鹿な失敗でした。
でも、身になるお勉強代だったと思います。

日本では保険適用内の医療費は他のどの国より安く受けれます。
でも、保険がきかないもの、
たとえば歯科矯正(40万〜100万)は高いです。
調べてませんが、豊胸や美容整形も高いでしょう。
タイやフィリピンでは15万あれば歯科矯正できるようです。
保険効くものは日本で済ませ、きかないものは
タイやフィリピンでやれば、コスパ良く住み分けできると思います。


それはそうと、
ここのところ姉弟のゆるいイラスト描くのにはまってます。
クリックで拡大表示できます。


その1
one1.jpg



その2
one2.jpg






その3
one4.jpg
one3.jpg






現在48Pの同人誌を描いています。ペン入れ残りあと10Pくらい。
今までは28Pの本ばかりでした。
長けりゃいい訳ではないですが、ある程度まとまったページがほしいなと、前から思ってはいました。
今回は実験的にこのページ数でやっています。
あと少しだ頑張ろう




~~ひとりごと~~

ジャン↓ダブリー↑ というところに連れていってもらった。
j2.jpg


最初はいつも通りSurfacepro2で原稿を描くつもりでいたけど、
いざ着いてみると全く執筆モードにはなれなかった。
j3.jpg


海はベタベタするから泳ぐのに覚悟がいるけど、川にはそれがない。
j1.jpg


親戚(?)の子供達と川で泳いたり、
米粒とコーンで魚を餌付けしたり、
石を水面で跳ねさせる遊び(正式な呼称があるのだろうか)をした。
子供達は初めてやるようだった。
石を跳ねさせる遊びは日本特有なのかもしれない。
j4.jpg



夜はカントリーソングを
お父さん持参の大きなスピーカーから大音量で流しながら、
トウモロコシとチキンを炭火で焼いて食べた。
ウェォカムトゥディホテルカーリフォゥニャ
外で買い込んで来たお菓子やソムタム、
ひまわりの種をつまみに、
白ワインやウィスキーをちびちび飲んだ。
つまみの風味が口いっぱいに拡がるのが実感できた。

夜は4人で並んで寝た。
小林さんちのメイドラゴン10話、11話を見た。
これほど最終回が来ないで欲しいアニメも珍しい。
















次の日の朝、
河を遊び尽くしてシャワーを浴びようとした時、
シャワー室にいた子供が指を指して言った。

「トゥッケー!」

人生初のトゥッケーだった。

j5.jpg

トゥッケーというのはトカゲの一種で、
見た目は青に黄土色の斑点模様で毒々しい。
東南アジアに生息していて、生息によって色が違う。
今回見たのは20cmくらい。
j6.jpg
j7.jpg


タイに行く前からずっと生で見てみたかった生き物だ。
顎の仕組みがワニに近いらしく、噛むと離れないらしい。
写真を撮っているうちにどこかへ隠れてしまったが、
木の棒か何かに噛み付かせればもっと近くで見れたかもしれない。





帰り道、寺院で開催されているマーケットに寄った。
j8.jpg

j9.jpg


バーベキュー串を11本、
タイミルクティー、
チャオクアイトムスック、
その他たくさん買って車中で食べた。


生い茂る木々と立ち並ぶボロ屋。
だだっ広い道をヴンヴンと走るISUZU車の窓から
僕はボーッと風景を眺めている。


僕は海外旅行が好きと言うより
このタイという国が好きなのかも知れない。
人と人の距離が近い。A.T.フィールドがない。
友達は家族同然だし、家族はみんなで支えあっている。
彼らといると、全てを許されたような気持ちになれる。

イラスト&思ったこと

再びタイの土地に来てから既に1か月が経過しました。
小林さんちのメイドラゴンが今期イチオシなヒーローキィです。

1月末に発行したスイレンちゃん円光本。
B5扉&巻頭カラー400

お陰様でとらのあなさん委託分在庫切れです。
再版の予定はないので、お求めの方はメロンブックスさんや他の書店さんでお願いします。

メロンブックスさん
https://www.melonbooks.co.jp/detail/detail.php?product_id=203172



最近Twitterに上げたイラスト3枚です。(見切れちゃってるのはクリックで拡大表示してください💦)


maidragon3.png



sca2.png



sca B


~~~ひとりごと~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

やはり物価の違いは作家には大きいと思う今日この頃です。
東京で1か月ひとり暮らしするお金(約15~20万)があれば、
ここタイ王国では2か月、がんばれば3か月生きのびることができます。

ものを作って飯が食えていれば、ある程度は幸せです。
日本にいると無駄遣いをしてしまうことが多いので、
作品作りに集中する分には、物価が安くて誘惑が少ない場所は
都合がいいように思えます。


20170221_154110.jpg
旅行用らくがきノート




1年のうち、どれくらいを外国で過ごし、どれくらいを日本で過ごすのが
自分にとって(ものづくりに)一番いいペースなのか。
今年はそれを探る期間にしたいと思っています。

デジタルノマドという生き方があります。

1か月~数ヶ月単位で生活の拠点を変え、世界中を転々としながら
仕事はPCとネットを使ってするという生き方です。
バックパッカー旅行者との違いは、
・ちゃんと仕事して収入がある
・一カ所の滞在期間が長い
・現地でコンドミニアムやアパートを借りて滞在する人が多い
・別に期間限定の旅行じゃないから、好きな時に母国に滞在するのも自由
主観ですがこんなところです。

就職→結婚→マイホーム購入→子育て

一般的な人生設計とは正反対の生き方です。
自分の家族や親戚に言ってもたぶん誰一人(特におばあちゃんは)賛成しないとは思いますが、
僕の目標はそこにあります。
必要最低限のものを携え、新しい世界や価値観との出会いを楽しみ、ものをつくる。
ものすごくシンプルです。

車買ったり家買ったり最先端のファッションやスマホを買ったり、
新古、自他を比較して下らない悩みを抱えながら生きるのは疲れるでしょう。

世間的にステータスだからという理由で、別に欲しくもないものに稼いだお金が流れていくのは
本当に悲しいし、自分はちょっと耐えられません。


イチローはずーっとお昼はカレーです。他人のバットは「感覚残っちゃうと支障出る」という理由で握りません。

アインシュタインは妻から洗顔用の石鹸とは別に、髭剃り用の石鹸を勧められたとき
「石鹸が2つもあったら人生が複雑になりすぎる」と言ったそうです。

フォレストガンプ一期一会(フィクション映画ですが)のお母さんは、人生幸せに生きるために必要なものは多くないと言ってます。



出来る限り人生をシンプルにして
自分の使命(やりたいこと)に時間を惜しまず注ぐ。



スーパーモデルの様な人と結婚することでもなく、
大きい会社の社長になって大金持ちになることでもなく、
有名な漫画家になってちやほやされることでもなく、
僕が探していたものはこれなんだと思います。

この3年間で僕はたくさんの物を失いましたが
やっと腑に落ちる答えを見つけられた気がします。

【新刊】2017年一本目はポ●モンのスイレン援交ネタ!

あけましておめでとうございます。
もう一月も末ですが、今年もよろしくお願い致します。




前回同人誌を出してから、すでに半年近くが経ちました。



あまりこういう場に描くことではないと思いますが、
去年の8月。ちょうど夏コミが終わって2日後に祖父が亡くなりました。立て続けに両方の祖父がどちらも。
祖父もまだ若かったですし、僕自身とてもおじいちゃんっ子だったので、とてもつらかったです。
自分も確実に年をとっています!!


最近自分が何をしているかといいますと、
祖父の遺したアパートの一室をリフォームしています。
DIYというものを今までやったことがなかったので、新鮮なことがいっぱいです。
友人が手つだってくれたり、新しい技術が見についたり、まったく同人誌とは関係ないところに
時間が流れていってます。

process.jpg

now.jpg



人それぞれ十人十色な生き方があり、正解も無ければ優劣も無いんだなという風に考え方が変わってきました。
正解や上下がない以上、本人が本人の意志で納得して行動していればそれでいい。
ムーミンのスナフキンや、もののけ姫のアシタカのような、自分の意志で生きる姿勢かっこいいと思います。



話がそれましたね!
新刊のサンプルになります!!







B5扉&巻頭カラー400



(すべての画像クリックで拡大できます)
suiren2



suiren3



suiren4



suiren5












ここから色々あります。気になる方は書店、オンラインショップ等でお求めください。











suiren6



suiren7



suiren8


suiren9



さて、この後スイレンは一体どうなっていくのか。
気になる方は書店、オンラインショップ等でお求めください(2回目)


とらのあなさんが特設ページ作って下さいました!
http://www.toranoana.jp/mailorder/article/04/0030/50/44/040030504473.html

メロンブックスさん
https://www.melonbooks.co.jp/detail/detail.php?product_id=203172
ひつじカウンター
プロフィール

ヒーローキィ

Author:ヒーローキィ
えー
同人誌というものは
スポーツマンシップにのっとって
えー
つまりそいう事です。





お仕事用連絡先
neetkey★gmail.com
★を@に変えてどうぞ

外部活動

コワレ田ラジ男の同人誌
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード