【11月新刊】援交日誌ー小泉ことりの場合ー

11月新刊ついに完成しました!

11/25(土)から
全国の同人書店さんで販売予定です。
予約も好評受付中です!

とらのあな




メロンブックス
メロンブックス


0_20171121181416854.jpg


a.jpg



b.jpg



c.jpg



1_2017112118142271c.jpg



2_20171121181423b0d.jpg



3_20171121181426ca3.jpg


7_201711211814325d7.jpg



8_20171121181434df4.jpg




はてさて、パンチカスの娘
小鳥ちゃんはどうなってしまうのでしょうか?
気になる方は、ぜひともご購入を!









◆ヒーローキィのひとりごと◆

2017年12月を目前に
とある分岐点に立たされているヒーローキィです。

ロリコンに風当たりが強い世の中になってきました。
いや、もともとすごい嫌悪されている人種(?)なのですが
今年は輪をかけていろいろすごかったなと思いました。
ロリコンでも、漫画や二次元のロリが好きなのと、現実のペドの人は全然違うと思うんですが、
何かと肩身が狭いです。


そんな苦境の中でこういった援交シリーズを描きはじめた
ロリマンガ界新参者の自分ですが、何かうっすら手応えを感じています。
これまで二次創作同人誌を描いてきた自分が、
オリジナルでシリーズを作るというのは自分にとっては新しい試みでした。
小さな一歩ですが全身できた気がします。


一番うれしかったのは
「エロ漫画」としてではなく「作家」として尊敬しているクジラックス大先生にTwitter上でフォロー、いいね、RTしていただけた事と、恐る恐るDM送ってみたら返事が返ってきたことです。

遠い遠い遥か頂に君臨する神に近い存在から一言いただけたのは、ものすごく励みになりました。ありがとうございます。

さて今作が今年最後の同人誌です。
2017年も本を買ってくださった方々ありがとうございました。
今後も不定期ではありますが、こちらで活動報告させていただこうと思います。
よろしくお願いいたします。

スポンサーサイト

援交日誌シリーズ誠意執筆中



更新滞ってしまい申し訳ありません。
韓国への2週間家族旅行、ダナンへの4泊5日旅行、
また、旅行中に執筆用のタブレットPCが壊れ、買い替えたりと
言い訳したらきりがないのですが、集中できない期間が続きました。

やはり自分で決めたルーチンがうまく回っている状況が一番気持ちいいですね。
描きたいときに描けない、パフォーマンスが高い時間帯に仕事ができない、というのはきついです。
旅行もほどほどが一番だと思います。



『援交日誌ー橋本ハルカの場合ー』のDL版
好評販売中です。ぜひともご一読を!
hh0


DMM
DLsite





新作も今月中に発表できればと考えております。
世界中で肩身の狭い思いをしているロリコン、援交好きの方々、乞うご期待ください!



kyara.png
2017y10m24d_154400047.jpg




ーーーーーーーーーひとりごとーーーーーーーーーーーー

ベトナムでの生活。
ついに7か月目に突入しました。

生活に必要な最低コストがとても低く、
その割には、野菜やフルーツ、肉の種類も豊富です。
自炊するにも外食するにも、安い。
栄養バランスを整えるのも楽です。

6月ごろから軽く自重トレーニングをはじめ、
10月の半ばごろからはジムにも行くようになりました。
ムキムキになりたいとは全く思いませんが、
健やかな執筆、生活をするために程よく汗をかき、
最低限の筋肉を維持するのは大事かなと思ってはじめました。
気持ちが沈んでいるときでも、1時間半運動して汗をかくと晴れやかな気分になります。

いい生活リズムを続けるうちに、
自分に必要な運動量、栄養、コミュニケーション、仕事量が
なんとなくわかってきました。
確信に至れば、あとはどこの環境に行っても、
それさえ揃えてしまえば執筆も生活もできると思います。

あとは金銭面さえついて来れば、
生活費に追われることなく執筆と趣味に勤しめると思うのですが
そこはまだまだなのです。
がんばります!


「俺、こっちの方向で合ってるのかな・・・」
昔、実家でひきこもってエロ同人を執筆していた、自信のなかった自分自信に
「君の今やってることは間違ってないよ!」と言ってあげられるように、
この『エロ同人×海外デジタルノマド』生活を今後も続けていこうと思います。


【9月新刊】ランドセル援交日誌~橋本ハルカの場合~

9月になりました。
僕はいまもホーチミンのバックパッカーズホステルに
滞在しています。ケトル買ったり、扇風機買ったり、ダウニー買ったり、
本格的に住処になりつつあります。


さて
新刊告知します!
9月10日から書店さんで販売開始予定です!


とらのあな



メロンブックス
メロンブックス

ランドセル援交日誌~橋本ハルカの場合~
hh0



hh1



hh2



hh3



hh4



hh5




前作と同じ舞台ですが、違う男女のお話で少し陰気です。
前作を読んでいなくても全く問題なくお楽しみ戴ける内容となっております。


【7月新刊】ランドセル援交日誌~源ミライの場合~

9/9追記

『ランドセル援交日誌-源ミライの場合-』の内容を一部修正した
DL販売版がDLsite, DMM, デジケットで販売開始しました!
お買い逃がしの方、この機会にどうぞ!  

DMM
DLsite


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
7月も半分が過ぎました。
日本もめちゃくちゃ熱いらしいですね。
ホーチミンは今日も平和です。


今回は新作の発表です!
オリジナルの援交ものを描きました!

7月22日(土)発売予定!
『ランドセル援交日誌~源ミライの場合~』

■あらすじ■
都内のとあるラブホ街。そこは金銭的援助を求める少女たちと、少女たちを支える男達の秘密の園。
源ミライはクラスでも目立たない、極平凡な一般家庭で育った少女。だが毎週木曜日の放課後、
彼女は「特別」になる。大好きな「パパとの遊び」が待っている。


0.jpg



1.jpg


2.jpg


suiren2


suiren3


suiren4







各書店さんで予約受付中です!


とらのあな




メロンブックス
メロンブックス


同人堂
同人誌 通販 同人堂








-----------------------ひとりごと-----------------------------



現在僕はベトナムのホーチミンにいます。
もう3か月が経ちました。
ホステルでの共同生活も、慣れを通り越して心地良くなってきました。

今朝も仕事前にP君と一緒に朝食を食べ、他愛もない会話をしてきました。
ルームメイトのP君は僕と1ヶ月半部屋を共有している
長期滞在のキウイ(ニュージーランド人)。

最初はアホでうるさいし人種差別クソ野郎だと思っていたのですが、
一緒に生活するうちにわかり合い、今では兄弟のように仲がいいです。
そして、実際のところ彼はアホではなく、とても賢いのです。

現在彼はホーチミンと他の県で英語教師をしています。
ここベトナムは英語教師として働き口を探すのがとても容易で、敷居が低く、
なおかつ時給も20USD~25USD(2200円~2800円)とかなり高いです。
しかし学校側が求める就労時間は多くても週20時間ほどなので、
月収にすると16万円ほどです。

更に副収入として
オーストラリアで人に貸しているシェアハウスから
毎月4万円ほどの利益を得ています。

合計月収20万円。
日本人の僕の同世代の人たちからしたら、
平均か、やや少ないかなくらいでしょう。

ですが、彼は間違いなく僕が見てきた誰よりも毎日楽しんで生きています。

彼は買い物する時は徹底的に値切ります。
食事は基本的にお気に入りの安いレストラン(100円~300円)でしか食べません。
ビールは(あんま飲みませんが)ハッピーアワー(夜11時まで)の一本50円の時に飲み、
映画館は週末ではなく月曜~木曜の一本200円~250円で観れる時に見に行きます。
筋トレはプルアップバー、プッシュアップバーを1000円以内で購入し、部屋で行っています。ジムに通ってた時期でも、月額1200円のジムを愛用していたそうです。
泳ぎたい時は市営のプールで入場料80円。
女の子とデートも割り勘で、ホテル代は彼が出すそうです。(一泊1200円程度)
財布出そうとしない子はその時点で見切って次の子に行きます。
バイクは中古で綺麗なものを買います。
新しいバイクに乗り換えたい時は、まず今のバイクを綺麗にして、購入時と同額もしくはそれ以上の金額で売ってから次のバイクを買います。
つまり彼には実質ガソリン代と駐車代しか発生しません。


こんな感じのライフサイクルで
彼の一か月の生活費は約4万円~5万円。
毎日活き活きと楽しんで充実した生活を送り、
仕事するのは週末3日間の20時間のみ。
それでいて毎月15万円貯金しています。

かっこいいことに、貯金するためにその生活を送っているのではなく、
その生活が楽しくて、それ以上にお金を遣う必要がないから勝手に
貯まってるという彼の意見が僕が深く関心した点です。


僕が東京で見てきた人たちは
毎月の生活費を稼ぐのに必死な人。
快適な暮らしができないと嘆く人。
十分な収入があっても全然嬉しくなさそうな人。
欲しい物を買っては次の欲しい物を探してを繰り返してる人。
稼いで遣ってのサイクルを激しく回すことが全てな脳筋タイプ。
貧乏で貯金もないし将来どうなるかわからないけど幸せだという人。


こういう人たちが多かったです。
類は友を呼ぶといいますか、
僕自身がそういう人間だったので(今でもまだまだその類ですが)
まわりもそういう人たちが多かったのかなと思います。


彼は、生活に必要なもの、本人が価値を感じるものにはお金を遣います。
でも、見得や一時的な欲を満たすための散財はほぼ全くといって良い程しません。


自分の心の声を聴き、身体の声を聴き、健やかに楽しんで生きる。


少なくとも、僕にとって彼の生き方はものすごく勉強になります。
他の人たちと比較してもしょうがないのですが、
あくまで僕の主観からですが、ゲームのステータスがあったとして、
彼はほとんどのステータスが先に上げたタイプの人たちのモノを上回っていると思います。上位互換とでもいいますか、なんといいますか。

ただ、彼がいうには、「アジアだから英語教師としての職があり、安く楽しく生活できる。このライフスタイルをどこの国に行っても維持するには、特別なスキルか、自分でビジネスをするしかない」そうです。

全く持ってそれはその通りで、
ともなれば、まさしくフリーランスのプログラマーや、デザイナー、作家、起業家は
彼のいうそれに当てはまります。


同人作家は、漫画家は、
僕の理想とする上位互換の更に上、
完全上位互換なりうる素質を秘めています。


それを忘れないで、今後も創作活動続けていけたら、
モチベーションになるんじゃないかなと思いました!







ーーーーー7/23追記ーーーーーーー


6月半ば~7月20日まで
ベトナムホーチミン生活3か月生活。、
ラスト合計33日間の出費を集計しました。

宿代100USD(約1万1500円)
生活費9448000VND (約4万7730円)


出費合計 5万9230円

なんと6万円切っていました!すごい!
生活費(4万7500円)の中には
食費、カフェ代、散髪代、洗剤代、映画代、旅行代、飲み代とか全部入ってます。

ただ、服買うのを我慢したり、欲しいゲーム我慢したりしたので、
完璧に羽を伸ばしきっての金額ではありません。
とはいえ、たとえ服とゲーム買っていたとしても、7万円に収まっていたでしょう。
ちなみに僕が欲しかったゲームは『13th friday』っていう映画のジェイソンを元にした
マルチプレイヤー鬼ごっこゲームです。SteamでもYouTube実況界でも大人気です。

別にこれ以上生活費を絞ろうとは思いませんが、
新しく見つけた市場でバナナ1kg65円のところがあって、
それまでコンビニで毎朝一本35円で買っていたので今後はもっと浮きます。
ケトルと耐熱の丼を買ったので、インスタントヌードルも温泉卵も作れます。

お金を出して生活を向上させるのは簡単だけれど、
節約し、工夫して快適な生活にしていくという事が
こんなにも面白いものだと僕は知りませんでした。

お金を遣うのが悪い事とは全く思いません。
でも、遣ったお金に見合うだけの満足、幸福が
そこにあるのかな?と考えるようにはなりました。


こんな感じで
僕のベトナム生活は一旦は終了しましたが、
とても楽しいのでまたビザを取って
3か月滞在しようと思います!


【6月新刊】けもフレ本&ホモ被害の話



ーーーーーーーー6/20追記ーーーーーーーーーーーーーーーー
アキバブログさんが取り上げてくれました!
僕も読ませていただきましたが、とても丁寧に紹介してくださっています!

オッサン(パコ太郎)と本気交尾 けものフレンズ同人誌 「けだものセッ◯スフレンズ」

また紹介してもらえるように、
今描いてる本も頑張ってさっさか仕上げようと思います!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

6月になりました。
昨日ベトナム人のホモにめっちゃ太ももをまさぐられた
同人サークルコワレ田ラジ男のヒーローキィです。

今回は二つ告知です。


スイレン本のダウンロード版が
DMMで販売開始!

B5扉&巻頭カラー400
http://www.dmm.co.jp/dc/doujin/-/detail/=/cid=d_109634/



6月新刊のお知らせ!

ついに!あの!
けものフレンズ本が!
6月18日から販売開始です!



なんと今回は44ページ!
いつもよりちょっと長いお話です。



それでは
サンプルをご覧ください。



kemonoAA.jpg




kemono01.jpg



kemono02.jpg



kemono03.jpg



kemono04.jpg



kemono05.jpg



kemono06.jpg



kemono07.jpg



kemono08.jpg



kemono09.jpg



kemono10.jpg



kemono11.jpg



kemono12.jpg








ヤリマンいても
処女マンはいない!

本気の交尾ここにある!

コワレ田ラジ男が送る
夢のコラボ作品!

精液、愛液、よだれ、汗、吐息、
野生の生セックスを堪能いただける作品です。
少部数となっておりますので、お早目にどうぞ。

また、今作イベントでの販売予定はございません。
お求めの方はお手数ですが、通販か書店様までお願いします。


委託販売先書店一覧(リンクは随時追加)

とらのあな
http://www.toranoana.jp/mailorder/article/04/0030/54/51/040030545124.html

メロンブックス
https://www.melonbooks.co.jp/detail/detail.php?product_id=225075&adult_view=1

アイエムワイ

まんだらけ

同人堂
http://web.doujindou.com/view/65398.html




























~~~~~ひとりごと~~~~~~~~


2年ほど前、小旅行でベトナムの
ニャチャンの寺にいったときの話。

ベトナム人のおじさんが写真を撮って
欲しいと身振り手振りで訴えてきました。
僕は快く了承し、
おじさんが見栄えするように、
片膝をついて仏像とおじさんと階段が
綺麗に収まるように写真を撮りました。

おじさんは、お礼だといって
僕に缶ジュースを奢ってくれました。
二人で階段に腰かけ、身振り手振りで意思疎通を試みながら
ジュースを飲みました。
「ああ、これが海外旅行だ。これが人とのふれあいだ。」
そんな事を考えていました。

おじさんのボディランゲージの中には
僕のお腹や背中をさするというものがありましたが、
そんなのベトナムや東南アジアじゃ日常会話の一部だと
僕はこの時信じて疑いませんでした。

おじさんが寺を見て回ろうといったので、
僕はおじさんと寺を見て回ることにしました。


寺を回ろうといったおじさんですが、
そんなに寺のモニュメントに興味があるようには
見えなかったので、寺の香りや異文化感、
どことなく懐かしいような雰囲気を楽しんでいたのは
僕だけだったと思います。




様子がおかしくなったのはこの時です。

おじさんが僕の手をとり、「恋人つなぎ」をしてきたのです。

僕はさすがにちょっと「え?」と思いましたが、
まあこれもベトナムでは普通なのかなと思いこむことにしました。
郷にいっては郷に従え。
その国に行ったら、その国の分化や風習はリスペクトしなければ。
一応自分が日本人の顔であるという意識は多少なりともありました。


第二の違和感を感じたのはこの時です。
おじさんが僕の手をとり向かった先は公衆便所でした。
「恋人つなぎで…公衆…便所・・・・?」
いや、いや、いや。そんな、決めつけてはいけない。
それがおかしいなんて、誰が決めたんだ。
わからないじゃないかそんなの。
僕は自身の内に生まれた偏見の目を押し込めようと努めました。


そして舞台は公衆便所内へと変わります。
僕はそこまでではなかったけど、尿意を催していたし、
おじさんもそうなんだろうと思いました。
二人で並んで小便器に向かいます。

僕もおじさんもチャックを下ろし、
「シャーーーー」
おしっこをして・・・・・・・いませんでした。
いいえ、正確には僕はおしっこをしていましたが、
おじさんはおしっこをしていませんでした。
おじさんはただ僕の股間のソレを凝視していたのです。

なんだか気味が悪いなと思いつつも、
そんな風に思ってはいけないぞという天使の声が
僕の頭の中では争いを繰り広げていました。


小便が終わり、腰をふって尿切りをすませ、
しまおうとしたその瞬間、おじさんの指がニュッ伸び
僕のソレをつまみあげました。

さすがに混乱しました。

「えっ、こいつガチでホモなんじゃ・・・・」

しかし、もう一方で天使が叫びます。

「違うよ!ここはベトナムだよ!
 隣に尿切り足りてない人がいたら助けるくらい
 ここでは当然のことだよ!」


なるほどな。
これはフレンドリーさなんだ。
おじさんは、僕の日式尿切りでは十分に尿を切りきれず、
のちにパンツにじわっと沁みだしてしまう事を見越して、
その不快感から僕を救ってくれようとしているんだ。


本気でそんなことを考えていました。


おじさんは人差し指と親指でつまみあげた僕のソレを
こすって、僕の尿を出し切ろうと必死な様子でした。
おじさんの顔は本気でした。


しかしながら、やはり他人(男)に自分のソレを触られるのは
本能的に不快極まりない。
もういいよと、おじさんの肩をポンポンたたいた瞬間。


おじさんが口をぱっくりと開け、
僕の股間めがけて迫ってきました。



あっこいつは間違いなくホーーーーーーーーーーーーーーー


驚異的な反射神経でおじさんを押しのけ、
僕はその場から兎の如く逃げ出しました。

危ないところでした。

あと一瞬遅かったら、どうなっていたことか。



バイクに乗って遠目から公衆便所を見ると、
うつむきながら手を洗っているおじさんの姿がみえました。



このおじさんは、きっといつもこうして観光客を狙っているんだ。

写真を頼む

お礼のジュース

尿意

トイレ

ホモごっこ


きっと毎回この手口で淫行に及んでいるんだ。


みんなわかりあって世界平和。
そんな寝ぼけたことを普段考えている僕ですが、
この時たしかに怒りと恐怖が頭を支配していました。


あの鯉のようにパックリ口を開けたマヌケ面
今でも忘れません。




僕は偏見やラベルで人や物事を判断するのが嫌いです。
自分の目で、自分の価値観で、見定める。
この考えに対し、色々行ってくれる人たちはいますが、
外野がガヤガヤうるさいなあ位にしか思ってないのが正直な所です。


ですが・・・!

ラベルで人を判断するのは嫌いな僕ですが・・・!

2年前のベトナム小旅行、

そして現在の3か月ベトナム生活、

すでに3人のホモに身体をさわられ言い寄られています。

さすがにそろそろ・・・!




■ホモに対して並々ならぬ嫌悪感を抱き始めた
 ヒーローキィ。果たして彼のベトナム生活は
 今後どうなってしまうのか?!
 














ひつじカウンター
プロフィール

ヒーローキィ

Author:ヒーローキィ
えー
同人誌というものは
スポーツマンシップにのっとって
えー
つまりそいう事です。





お仕事用連絡先
neetkey★gmail.com
★を@に変えてどうぞ

外部活動

コワレ田ラジ男の同人誌
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード