きぃさんぽ ~アジア編~

最終更新日10月16日



思うところが有ってか否か
9月3日に
僕は日本をたちました。
ハイスコアガールが読めない日本にもはや未練はありません。
RIMG0003.jpg



【きっかけ】
夏コミの原稿を
描いてるときに、Youは何しに日本へやイッテQ
ばっか見てて、部屋にこもってオナニーばっかりしてる
自分に嫌気がさしたことでした。

家に居てもちんこの皮が厚くなるばかりで、
まったく絵も話も進化しない。
その上大胆な行動もとれず、
フットワークも日に日に重くなる。
そんな自分にさよならバイバイ。



実は自分一人で
海外旅行するのは今回が
はじめてだったりします。

全てが揃った快適我が家から、未踏の地へ。
トラブルやアクシデントに見舞われるんじゃないか
そんな不安は多少ありました。

でも人間は不安を感じてる時が
一番自由になっている瞬間です。
その感覚が無償に恋しかったのです。


仕事、家族、友人、恋人。
ひとは自らしがらみを作ることで
心の安定を得ることができます。
それと引き換えに自由を犠牲にしてるわけですね。





【9月3日】


国分寺から成田まで一本で行けてしまう
とっても便利な特急!最高!


早朝。
不安と期待、母の笑顔を胸に
成田へ。
DSC_0068.jpg



しかし東京あたりで早くも母の顔を忘れる。




空港到着。
DSC_0070.jpg




エアアジアカウンターでチェックイン。
2014y09m20d_141148154.jpg

とってつけたようなプレハブカウンターだった。




成田でラーメンを食べる。

DSC_0072.jpg


うまい。





DSC_0073.jpg

ひげそりを買う。
実は電動を買うのははじめて。
1500円ほどでハムスターサイズ。おすすめ。




本屋で小難しい哲学書を買おうと
思ったが、結局バリ島のガイドブックを買う。
後にまったく役に立たない事を、この時まだ知らない。
2014y09m20d_141217311.jpg





飛行機にのり
日本人美女25歳のとなり席を勝ち取る。
最初もじもじ。

2014y09m20d_141257135.jpg

ある外人がきっかけとなり
4人で談笑。ダニエル・・・本当にありがとう・・・。
なぜかイコカをくれました。
DSC_0081.jpg




機内で入国審査カードを記入。
学生だといいはる。



1_201410080122481ab.jpg


ドンムアン国際空港に着く。
別の日本人観光客に接触。
18歳の女子大生二人。
若いのに色んなところ飛び回ってるらしい。
関心。




今回の旅、
デビッドカードに20万円ほど
現金で5万3000円を持ってきた。
うち1万円を空港で両替。
だいたい3200バーツちょい。
DSC_0090.jpg




A1のバスに乗る。
これに乗ると都心まですぐです。
30バーツ。99円くらい。
2014y09m20d_141107590.jpg



となり席の旅行者に話しかける。
ここは日本じゃない。
誰も知ってる人はいないし他人の目を気にする必要はない。



DSC_0074.jpg

ジャスミンさんたちはドイツから来たらしく、二人とも既に社会人らしい。
休暇を利用しての旅行だそうだ。
僕より全然背が高かった。悔しい。
方向が一緒だったので、電車でもずっと会話してくれた。


さきに降りる自分。


ポンポンッ


降りて間もなく肩をたたかれる。
お、なんだろう?


地元の青年が
お札を差し出してくる。

「えっ俺落としたの?!これ?!」

あわてて電車を降りたとき
ポケットから両替ほやほやの3000バーツを丸々落として
しまっていたらしい。

センキュー!センキュー!

ひたすらありがとう
ハグの嵐。
相手若干ひいてるがそんなことは知ったこっちゃない。


そのあと一緒に写真撮影。

DSC_0075.jpg

LINE交換。
なんとそこから自分の
SIMカード購入に同行してくれ、
店員にタイ語で口を聞いてくれたのだ。

なんて優男なんだろうか。
ニックネームはノー君。
21歳でバックパッカーとしてニューヨークや日本をまわってたとか。
1年前から年上の彼女と同棲しているらしい。
自慢やめて!



彼と1時間ほど一緒に行動し、別れた後、ホテルへチェックイン。
DSC_0077.jpg



僕の。僕だけの部屋。
DSC_0078.jpg



飯を作る設備はないが、洗濯は自分でできる。
憧れていた、待ちに待ったソロライフが今はじまる!!!
DSC_0080.jpg




荷解きをすませ、
部屋をあとにし、出店めぐりを開始。
DSC_0083.jpg



この日の夕飯はこれ!
辛いやつをいれすぎてひーひー。
味はよかったです。料理が40バーツ、ココナッツジュース40バーツ。
トータル80バーツ!!!260円ほど!

DSC_0084.jpg


はい!!
ココナッツジュースいらないですね!!





【9月4日】

初日はしゃぎすぎたせいで
めちゃくちゃ疲れる。

結局夕方まで爆睡。


6時すぎ。

外に出る。
DSC_0076.jpg


カオマンガイという
タイの庶民料理を食べるため
散策散策。
DSC_0082.jpg


DSC_0091.jpg


DSC_0102.jpg


途中で人に道を聞いたり、
暇そうな人と世間話したりしながら
ただただ、のんびりお店を探しました。
DSC_0093.jpg

DSC_0094.jpg



バルセロナからバリまでサーフィンして来た返りの夫婦。
有名なサッカー選手の幼馴染だとか。
DSC_0109.jpg





道案内してくれた方。
歳が近かったです。
DSC_0111.jpg



この日見つけたお店のカオマンガイは
正直あまり美味しくなかったです。






2013年にバンコクに来た際に寄った
安くて美味しいタイ飯の店を探すべく
Thong Loという日本人がたくさんい地区へ。




ながらく散歩していると、
やっぱり色んなひととすれ違います。

無愛想な人もいれば、忙しそうな人、暇そうな人、
そして多くの観光客。

でもこちらがニコッっと笑いかければ
大抵の人は微笑み返してくれる。


きっとこの
世界の共通言語は
英語じゃなくて
笑顔だと思う


って曲を口ずさみながら
色んなひとに笑顔を押し売りして歩いていると、

一軒のステーキハウスから微笑みかけてくる美女が二人。
おいでおいで!
と手招きしてきてるではありませんか。

とりあえず入ることにしました。


部屋にこもって作業の毎日。
とにかく人との会話に飢えているので、誰でもいいので話したいのです。

二人のうち一人の女の子がめちゃくちゃ
フレンドリーでした。
DSC_0113.jpg

僕はこの子を16歳くらいだと思っていましたが、
僕より年上でした。びっくりしました。
ニックネームはアナ。
Let it Go 歌ったら笑ってたので、全世界共通で通じるディズニーは
やっぱりすごいです。


この日から毎晩この店に通うことになります。
閉店前にちょっと顔出してハイネケン飲むのが
いまでは日課になってしまいました。


閉店後


DSC_0115.jpg

アナと一緒にソイカウボーイに行きました。
ゴーゴーバーという
知ってる人は知ってるストリップみたいなところです。



店内は撮影禁止でした。


踊る体力など欠片もなさそうなおばさんに
延々ドリンクをせがまれ続けましたが
なんとか切り抜けました。
14127555090.png



個人的にはお客さんが壇上で踊れるスペースとか作ったら
もっと楽しい施設になるんじゃないかなと思いました。



1時間半ほど飲んでから店を出ました。



帰りの道を歩んでいると
見知らぬ少年が僕の腕にまとわりついてくるではありませんか。
「20Bプリーズ!20Bプリーズ!」

是が非でも20バーツを欲さずにはいられない様子の少年。

14127553780.png


さすがに困り果てました。
自分はこれでも立派な成人男性。
人並みの脚力を有してはいますが
蹴り飛ばすわけには行きません。


アナが他の観光客を指差して
「あっちのほうがお金持ってそうだよ!急げ!」
的なことをいって追い払ってくれなければ
右手か20Bを持って行かれてたに違いありません。


そこから少し歩くと、
今度は見知らぬフランス人の老人が話しかけてきました。
なんと英語がほとんど通じません。

14127554060.png

どうやら僕らについてきて一緒に飲みに行きたいそうです。
100%酔っている様子のご老人。
僕ひとりだったら一緒に行ってましたが今日に限っては違います。

僕が苦虫を噛んだような顔をしていると
はたまた知らない白人の若者が
「困っているのかい?」と声をかけてきました。
「君たちカップル?この男は?」と訪ねてきたので
カップルです!と思いっきり嘘をつきます。
このおっさんがさっきからついてきてウザイと正直に伝えると

「STAY AWAY FROM THIS YOUNG COUPLE! YOU DIDN'T HEAR ME? FUCK YOU!!!」

と、おっさんに対してメチャクソキレはじめます。

14127554450.png


おっさんも最初は困惑していましたが、次第にヒートアップ
怒鳴り合いになりました。
いい感じに温まってきたようなので、
僕はアナを連れてちょっと離れたサブウェイから観戦することにしました。


きのこスープのレンチンが終わったころでしょうか。
パトカーのサイレンが聞こえてきました。
連行されなかったようなのでよかったです。

アナがタクシーで帰るのを見送り
自分もタクシーを広いホテルまで帰りました。
ホテルに着くころ、すでに時間は4時過ぎになっていました。



【9月5日】

めずらしく
友人との約束があり
この日は少しばかり早起き。
といっても9時すぎ。
2014y09m21d_122310321.jpg

初日に助けてくれた
好青年ノー君との待ち合わせです。



この日はノー君
大学に提出物があるとのことで
せっかくなので僕も見学がてら
一緒にどうかと誘ってくれたのです。

もちろん二つ返事でイェスと返しました。

待ち合わせの
サイアム駅につくと異変。


2014y09m21d_122948787.jpg


ケータイの電源が勝手に落ちます。


100%にしてきたのに!!!


何度起動しようとしても
落ちます。

AndroidOSの起動まで行く前に
XPERIAのロゴと防水カバーの取り扱い注意画面が出て

2014y09m21d_122940235.jpg


落ちます!


LINE使えない。
電話番号はわからない。
連絡のとりようがない。

サイアム駅は改札口が3つある駅です。

「この改札のこの店の前で待ってるよ!!!」
と事前にはっきりさせておかないと、巡り会えません。


2014y09m21d_122845704.jpg

待ち合わせの時間を30分ぐらいすぎても
まだ会えないので
ミルクティーを買って
とりあえずベンチで休憩することにします。


ケータイが使えないので
暇でしょうがないです。


隣に34歳の美人なお姉さんがいたので
とりあえずつたない英語で話しかけてみました。

6


どうやらあちらも人を待っているようです。


お互いの名前すら知らぬまま
3分くらい待っていると
お友達さんがやってきました。

職場の同僚らしいです。

僕が
喉から手が出るほど
電話番号ほしそうな顔をしていると

7



3人のうちの一人ギフトさんが
LINEの連絡先を交換してくれました!
やった!


その後テキトーに自己紹介して
軽く挨拶してバイバイしました。


待ち合わせの時間からすでに1時間が経とうとしています。
ノー君おこっとるのかなあ。どうだろうなぁ。


この時
あることをひらめきます。


モバイルチャージャーを
さして充電しながら起動してみよう!!!!


試してみると



点きました!!!!



LINEを確認
とりあえず改札内で駅の中心部で落ち合おう
ということになりました。


2014y09m21d_123334708.jpg


待ち合わせから1時間超。
やっとノー君との待ち合わせを果たすことができました。


2014y09m21d_123414330.jpg

ここから電車に乗り


2014y09m21d_123555212.jpg
2014y09m21d_123655257.jpg

バスに乗り



乗合トラックに乗り
14127554760.png



1時間40分ほどかかって
やっと大学に到着しました。
DSC_0120.jpg


どうやらここはバンコクではないらしいです。
ランシットという大学がいっぱいある
八王子のようなイメージの場所です。


なんでこんな遠くまで毎日通ってるの?
大学の近くに住まないの?と聞くと

8


「彼女の職場が都心から近いんだ。
 だから僕が我慢するんだ」

年下彼氏の立場の弱さを痛感させる返答でした。



大学内はわりと綺麗でした。
あー大学だって感じです。

でも日本の大学と大きく違う点が一つ。

9


制服がメチャシコエロい!!!

なんなんだあのOLルックのぴちぴちスカートは!!
2014y09m21d_124034746.jpg

1時間40分の疲労、一瞬で塵に。

これだけの為に
留学するのもありかなとちょっと思いましたが、
いまそれを決めるのはちょっと早計かと考え至りました。
もうちょっと色んな国の女子用制服を見て回ってから
改めて審議、決断しようと思います。
これは簡単に決めてしまっていい問題ではありません。



2014y09m21d_124054722.jpg

この後、ノー君が提出物を出すだけの
なんの面白みもない場面を見続けたストレスを
発散するため

2014y09m21d_124306929.jpg

広場で行われていた
エアロビの部活動に勝手に参加。



先生の動きがキレっキレでかっこよかったです。



エアロビを20分ほどやったあと
広場でバドミントンをやっている女学生を発見。

バドミントンをやるのなんて
高校生の時の体育以来!!
興奮を抑えきれずに混ぜてもらいました。
DSC_0130.jpg


エアロビの疲労を抱えながらも
自分らしいプレーをすることができました。
DSC_0131.jpg

女学生たち、19歳。
自分もまだまだ若いので
負けるわけには行きませんでした。

負けました。



2014y09m21d_124334368.jpg

負けたから夕飯おごるよ

というこれ以上ない完璧な切り出しでしたが
はにかみながら断られました。


ノー君ありがとう。
いい思い出ができたよ。








昨日いったステーキハウスに向かいます。
目的はただひとつ!
女子と会話するため!!


しかしなかなか昨日の店がみつかりません。

10.jpg

結局2時間迷走してやっとたどり着いたころには
閉店の準備をしていました。

ひと月の旅行の中でもトップ3に入る量の汗をかきました。

それでも快く僕を迎え入れてくれた
店員さんたち。
みんな優しい。。。

ハイネケンを飲みながら
女の子と会話。
涙が。


今日は久々に運動したこと、
なかなか楽しい一日だったことを
つたない英語でなんとかみんなに伝えました。


ラビはフィリピン出身らしいので
彼女がフィリピンに来年戻ったら
遊びに行ってみようと思います。
フィリピンは治安が悪いと聞くので
知り合いが一人いると安心です。


閉店後、アナとスーパーで買い食いしながら
家まで送り、自分もタクシーでホテルにもどりました。



【9月6日・スマホ修理へ、驚異!MBK】
  
 
午後3時にチットロム駅で待ち合わせ。
空港で会った女子大生らと旅の報告とごはんの約束。
11.jpg
 
 
実はノー君にスマホ修理ついてきてもらう約束とブッキングしていて、
ノー君とはサイアム駅で待ち合わせ。

とりあえずサイアムでノー君と会ってからでいいや
と思ってサイアムの改札へ向かうと、
女子大生ら改札にいる!!

なんで!?

チットロム駅っていうたやん!!

 
でもこれ以上ないくらい好都合だったので
一緒にサイアムでノー君待ち。
 
すぐにノー君が来る。
女子大生sにいきさつを説明し、スマホ修理に付き合ってもらう。
申し訳なさそうな顔をする自分。
sakura 2




  
とりあえずMBK店内へ。
MBKはこんなかんじです。
mbk_front_L.jpg




4Fにはいるとずらりと並ぶケータイショップ。
闇市場に来たような感覚です。


とりあえず5店舗を聞いてまわり
値下げ交渉した上で一番安いところで
やってもらうことにしました。




自分が使っているケータイは
SONYのXPERIA Z。
docomoがSIMフリーになってすぐ買い換えたやつです。

使ってる人はわかると思いますが
iphone同様バッテリーが取り外せないようになっています。

sakura 3
なので修理が難しいです。
問題箇所がバッテリーだったようなので
バッテリーを交換してもらうだけでしたが
結局1500バーツ、約5000円かかりました。




修理の待ち時間が1時間ほどあったので
フットマッサージを受けて待ってました。
ノー君はこの時点で離脱。
14.jpg




修理が終わると
スマホの電池の持ちが格段に上がる。
1年ちょっとしか使ってないですが
消耗が1.5倍くらいにはなるようです。



DSC_0144.jpg

DSC_0141.jpg

DSC_0143.jpg

飯を食いました。



DSC_0145.jpg

長らくお待たせしたお詫びに
パッションフルーツのジュースをおごり
歳上の威厳を見せつける。



二人は4日間のみの滞在
アユタヤ、船上マーケット、エステ、
いかにも観光客むけのツアーの思い出話。

路上の売店では一回も食べてないのだそう。
油が良くない、不衛生。
日本からしたらそれは確かに。。


しかして観光客向けに作られたそれら
表面をつくろったものだけに触れて、
その国の何がわかるというのでしょうか。


旅行は毎日下痢してるくらいの方が
楽しいと思います。



楽しい夕飯がおわり。



夜景見ながらぶらぶら観光。
とりあえず可愛い子いたので一緒に写真とりました。

2014y09m21d_124509297.jpg











【9月9日・バリ島へ】

早朝4時30分

一宿お世話になったアナと友達の部屋にありがとうの手紙を残し
タクシーで空港へと向かう。


発熱、頭痛、鼻血
家にいたら絶対仕事サボるレベルの体調不良。


少しでも回復を図ろうと
機内でも食べれそうな
軽めのお菓子、水、野菜ジュースをチョイス。
DSC_0174.jpg







しかし検問で没収される。
完全に忘れてました。
papa01





13kgのバックパックとワクワクを背負い
インドネシアはバリ島へ。




と思いきや
往路の便、到着が遅れる。



DSC_0176.jpg

なんか牛すじ煮込みスープにフォーがはいったやつを食べる。
うましかて。





RIMG0121.jpg
旅客機からの景色。
高いところも飛行機もあまり好きじゃないけれど
この窓からの景色だけは何度見ても飽きない。

2014y10m13d_021515186.jpg

2014y10m13d_021520884.jpg


少しでも寝て体調回復を試みる。



 
5時間ちょっとでバリ島へ到着。
DSC_0178.jpg

2014y10m13d_021616138.jpg


通貨の単位の大きさにビビる
かなり大雑把に
1万円だと100万ルピア。
2014y10m13d_021553376.jpg


とりあえず
空港内のショップ店員さんに
最低限必要な言葉をきく。

15.jpg


タリマカスィ =ありがとう
チャンティット=綺麗、美人
サマサマー  =どういたしまして



こんにちは、ありがとう、ごめんなさい、美人、ハンサム
この5つを抑えると
どこの国にいっても簡単に友達ができます。



2014y10m13d_021735936.jpg


タクシーでホテルまで約20分。1万5000ルピア。
DSC_0181.jpg





ホテルの内装はなかなかきれいでした。
DSC_0180.jpg



コンセントのジャックが全く違うので
スマホもカメラも充電できません。
DSC_0179.jpg




とりあえず買いにいきました。
道で見つけた水槽。
RIMG0126.jpg




かぜ薬、SIMカード、お菓子、お昼も買って帰りました。
RIMG0128.jpg



部屋に戻る頃には真っ暗になっていましたが
満月がとてもきれいでした。
RIMG0130.jpg















【9月10日・シュノーケリング】

快晴。
2014y10m13d_022007337.jpg



昼前まで爆睡。
チェックアウトを済ませます。
今晩からはホテルではなくバックパッカーズホステルに泊まります。



チェックアウト時どこへ行くのか聞かれ
とくに予定がないというと
個人ツアーを紹介されます。
papa03




ここで回避しておくべきだったと
痛感。

ボラれます。

行く先々で散財させられます。





まずビーチサイドのレストランで昼食。
DSC_0182.jpg



セミエビ?と魚、飯、変な茎野菜。
2014y10m13d_022012068.jpg
DSC_0192.jpg


50万ルピア取られます。

景色とかはよかったですが
味は正直イマイチでした。
DSC_0186.jpg


シュノーケリングしに海へ。
2014y10m13d_022022532.jpg



本来、ここバリへはダイビングライセンスを取得する目的で来ました。
ですが、3日間でオープンウォーター(世界どこでも潜れる免許)は
取得は難しいようなので、またの機会にします。






RIMG0137.jpg

船で移動します。




食パンのはいった袋をもらい
ゴーグルを装着。



今回の旅行
動画撮影もしながら歩んでいるのですが





水中でがんばってコメントしても
全然何を言っているのかわかりません。
RIMG0141.jpg

RIMG0144.jpg

RIMG0146.jpg

RIMG0147.jpg



シュノーケリング
をそこそこ楽しみ



RIMG0158.jpg

ウミガメと
触れられる簡易動物園へ。

RIMG0151.jpg

RIMG0154.jpg



RIMG0162.jpg

めちゃくちゃしょぼいのに
値段は普通の動物園なみ。

RIMG0166.jpg

RIMG0163.jpg

RIMG0169.jpg




でも写真たくさんとれたので満足です。


カニを捕まえる。

RIMG0184.jpg






DSC_0214.jpg

夕飯はまたビーチサイドみたいなところ。

DSC_0219.jpg






下ネタうっさいオネエちゃんらが
寄ってたかってチップを要求してくる。

papa02

33万ルピア。



ウルワツ寺院へ。
DSC_0197.jpg

DSC_0199.jpg



日本人観光客もちらほらいる。



階段のぼると猿がいる。

DSC_0207.jpg

DSC_0204.jpg

DSC_0201.jpg


タイのマッサージと比較するため、
バリのマッサージを受けに行く。

DSC_0209.jpg

DSC_0210.jpg


高い。
タイの方が全然安い。
念のためエロマッサージの方ではないですよ。



ホステルに到着。





今日から10人部屋ドミトリーで3泊します。
何やら波乱の予感。
FC2 Management

オリ本サンプル

最終更新日(8/31)

(当選したら)冬コミで発行する予定のオリジナルロリ本のサンプルを載せます。
遅筆なので頻繁には更新できませんが、本編の3分の1くらいはここで公開できればと思っています。

9/3~10/4までは海外を放浪する予定なので更新できません。
代わりに観光旅行記事を上げる予定なので、よければそちらもご覧ください。


original1


original2













original3


original4









5_20140830184655d38.jpg


6_20140830184657075.jpg

ちょっとショックな出来事

ハイスコアガールmini


2chやTVニュースでも大変話題になっているため
いまでは誰も知らない人はいない漫画『ハイスコアガール』
作中で使用されているゲームや会社名が実在のもので、
まったく無許可でそれを使用していたというものです。
問題は、単行本の巻末であたかも使用許可をとっているかのような
表記があるところなんですが・・・ってこんな話はどうでもいいのです。

実は僕はこの漫画がめちゃめちゃ好きなんです。
去年11月くらいに存在を知って、それからずっと飽きることなく
何回も何回も単行本を読み返しています。

一巻は完全にギャグ漫画・・・と思いきや
気付くとほんのりラブコメになっていて
ギャグとラブコメが大好きな自分にとっては
これ以上ないくらい絶妙なバランスで描かれた良作品でした。

アニメ化に関しては
知る人ぞ知るような、隠れ家的楽しみ方ができなくなってしまうような気がして
ちょっと複雑な気持ちでしたが、作者さんのモチベーションが上がって
もっと漫画がおもしろくなるんじゃないかと思うと、やっぱり楽しみでした。

それが・・・
まさか連載まで休止になってしまうなんて・・・

9月25日発売予定の

6巻

どうなっちゃうの?!


ねえ!!?!

続き!!!はよ!!!!



サウスパークとハイスコアガールだけが僕の生き甲斐だったのに!!!

C87艦これで申し込みました。
受かるといいなあ
j.jpg


来週オリジナル本のサンプル載せます!

新刊ラブライフのお詫び

8月17日のコミックマーケット86にて発行しました新刊の奥付に

発効日
2013/10/06

とありますが、これは間違いです。
正しい発効日は

2014/8/17
となります。

書店委託分に関しましても同様の誤記がございます。


入稿の際確認不足で発行するまで気付きませんでした。
誠に申し訳ありません。


〈※参考画像〉





会場まで来ていただいた方々、
手にとっていただいた方々、差し入れいただいた方々
本当にありがとうございます。
次回、C87でお会いできるのを楽しみにまた執筆をがんばります!

C86新刊情

先ほど入稿が完了しました!


8/17日 コミックマーケット86 3日目
東3ホール
イ-52b でお待ちしております!



スクールアイドルをめちゃブチ犯す本


1_2014080504040221d.jpg
2_201408050404038f3.jpg
ひつじカウンター
プロフィール

ヒーローキィ

Author:ヒーローキィ
えー
同人誌というものは
スポーツマンシップにのっとって
えー
つまりそいう事です。





お仕事用連絡先
neetkey★gmail.com
★を@に変えてどうぞ

外部活動

コワレ田ラジ男の同人誌
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード