スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月のお知らせ(DL版4弾、ボランティア活動)

「本も漫画も同人誌も電子書籍派!」という皆様、おまたせしました!

DL版『援交日誌~内海うららの場合~』

がついに販売開始しました!


pake2.jpg



以下のダウンロード販売サイトで販売中です!



DMM.com(頻繁に20%offセールが開催されるのでオススメです)

DLsite

BOOTH(仲介料を取られないので自分にとっては一番うれしいです)

Monappy(仮想通貨モナコインで決済できます。こちらも仲介料取られません。)








最近の電子書籍、ダウンロード販売はすごいですね。
販売手数料(仲介料)を取られないサイトさんまで出てきて、目が点です。

たぶん、普段購入してる方はあんまり気にしてないと思うんですけど、

DLSiteさんをはじめとする大体のダウンロード販売サイトさんは
商品を登録して販売する上で
○○%を手数料としてサークル側の売り上げから引かれます。

その○○%は作品の価格によって変動します。


自分が作った同人誌は
DL版だと600円なので、
その内の300円は販売サイトさん側の取り分
になります。

取られすぎじゃない?と思う方もいるかもしれませんが、これが今ままでの常識では普通でした。


ところがっ!
この頃流行の販売サイトBOOTHでは、売上から手数料が取られません!
なので、600円の本を読者さんが買ってくれた場合、
600円まるまる自分の口座に振り込まれるのです!


すごい!
一体どうやってサイトの運営を継続しているのか不安になります。
賢者の石でも使ってるのでしょうか。




何が言いたいかといいますと、
電子書籍派でなおかつ
自分の活動を応援してくださってる方は
是非ともBOOTHで購入して頂きたいということです。
ただ、それだけなのです。







ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー







『海外ノマドエロ同人作家のひとりごと』



作家さんは
自分の世界にこもって、ひとりでこつこつ何かするのが好きな人が多いです。
僕もその一人で、もちろん友人や家族と過ごす時間は大好きですが、
割合的に一人の時間を多く持ちたいタイプだと自覚はしています。

要はわがままなんです。寂しいときに他人にちょっかい出したりかまってほしかったり、
自分がもの作ってるとき、考えてる時、何かぼーっとしてるときは邪魔しないでほしいのです。




先の土日、僕はタイの政府公認のボランティアグループに動向し、
スタッフの方々やちびっ子たちと一緒に、学校敷地内に遊具の設置、塗装をしました。

2018y02m12d_185642626.jpg

2018y02m12d_185639059.jpg

2018y02m12d_185635180.jpg


ペンキで絵を描くのってすごく難しいんですよね。
筆がすぐにダメになるし、イレギュラーがたくさん起こるし。

それでもなんとか完成したので、よかったです。

見えるかわかりませんが、猿とキリンの間、地面にちょこんと立ってるネズミが自分の自信作です。


夜には
学校敷地内にテントを張り、
冷たい水で悶えながら体を洗い、
スマホの電池を温存するために教室においてあったルービックキューブで遊びました。
1面揃えるのが僕の限界でした。あんな難しいとは。

そのあと
ネットフリックスでハガレンの最終パートを視聴し終えて、眠りにつきました。
心をまっすぐにしてくれる、いい作品に出合えてよかったです。
鋼の錬金術師の原作は発行部数7000万部で、スクエアエニックスのコミックスで1位だそうです。
たしか小学校4年生のとき、
母と共に書店に行き当時5巻まで出てた内、
4巻まで買って貰ったのが僕の中では始まりで、そこ止まりでした。
最近登録したネットフリックスで再開できるとは、思ってもみませんでした。

どのキャラクターも魅力的でよかった。
ゴリゴリのマッチョなのに、繊細で優しいルイ・アームストロング。
強欲のグリード、嫉妬のエンヴイー、キングブラッドレイの最後が印象的で刺さりました。
ホーエンハイムも情にもろい良い親父で、物語序盤に抱いた印象とは真逆の人でしたね。
アニメがボンズ制作だからでしょうか、OPアニメでのメイちゃんの動き、作品内で錬成陣を足で描く動きなどがかっこよかったです。
フラスコの中の小人が最後ちょっと可愛そうだと感じたのも、アニメ版だからでしょうか。






翌日一晩で出来上がった、校庭の遊具たちを見ておどろきました。
50人か100人か、何人いたかあまり覚えていませんが、
チームで協力すると、
ひとりひとりの力や技術は些細なものでも
ものすごい量の作業がこなせるんだなと思いました。


今回のボランティア活動は、
普段のルーチンから外れた行動を取ることでかなりリフレッシュできました。




スポンサーサイト

【1月新刊】ランドセル援交日誌~内海うららの場合~


お待たせしました!
シリーズ第4作目
ついに発売する運びとなりました!


発売は1/27(土)

全国の同人書店さんで販売予定です。
予約も好評受付中です!

とらのあな




メロンブックス
メロンブックス







タイトルは…


U0.jpg



本編のサンプルもご覧ください。


U1.jpg



U2.jpg



U3.jpg



U5.jpg



U6.jpg



U7.jpg



U8.jpg



U9.jpg



今回は、家出少女が円する話です。
もう一度言いますが…


発売は1/27(土)

全国の同人書店さんで販売予定です。
予約も好評受付中です!

とらのあな




メロンブックス
メロンブックス



よろしくお願いします!

新年の意気込み&援交日誌第4弾続報

あけましておめでとうございます!
今年もよろしくお願い致します!


Luna1.jpg


去年1年は、僕にとって例年に負けない
おもしろい年でした。


去年を振り返ります。

1月、日本→タイ
4月、タイ→ベトナム
9月、ベトナム→韓国
10月韓国→ベトナム
12月べトナム→タイ

4月から12月までの8ヶ月間を
ベトナムのホーチミンで暮らしましたが、
自分の生活サイクルは間違いなく、よりポジティブなりました。
現在はタイのバンコクに戻り、この記事をしたためております。

バックパッカーズホステルで3か月以上生活を共にしたピーター(ニュージーランド人29歳)
同じくバックパッカーズホステルでギターを弾いて踊って歌ったイケール(スペイン人28歳)
ペニーボード(スケボーの小さいやつ)を一緒に練習して遊んだチャーリー(イギリス人24歳)
掃除のおばちゃん、屋台食を営む老夫婦、受付のウィンディー、フィットネスジムでコーチしてくれたブゥ。
他にもたくさんの人たちに支えられ、僕はベトナムでの生活を最大限楽しむことができました。
みんな愛してるよ!

今年2018年は…
まだ行ったことのない国へ歩みを進め、
あわよくばそこでの生活も試してみたいと考えております。
それができるのもいつも同人誌を買って下さる読者の皆様のおかげです。
2か月に1本の同人誌発行だけは怠らず、趣味のイラストもちょいちょい描いていけたらなと思います!
2018年もコワレ田ラジ男の同人誌と、海外生活日誌をよろしくお願い致します。


援交日誌台4弾続報!

表紙のラフです。

クリック or タップで拡大表示可



本文1ページ目から1コマ
2017y12m24d_180322279.jpg

会話内容、キャッチボール、雰囲気に注意してネームを仕上げました。
家出少女が一人暮らしの男性の部屋に泊まりにくるというリアルな臨場感を
味わえるよう練りこんだので、続報を楽しみにしていてください!






また、ピクプレと呼ばれるイラスト投稿サイトに最近登録しました!


この投稿サイトのすごいところは
モナコインとよばれる仮想通貨を、イラストや動画、生放送に
「投げ銭」できるシステムです。
1円とか超少額から募金できるので、気軽に利用できます。
絵描きさんや作家さんはもちろん、好きな作家さんの活動を応援したい方々にとっても
これはかなり便利でいいツールだと思います。

現状、自分は過去作品を投稿して様子見をしていますが、
少額でもモナゲして貰えるととても嬉しいです!




『海外ノマドエロ同人作家のひとりごと』




きっと僕のブログを見てる人は
新作のロリ援交ものが見たい人で、あまり僕の日常には興味がない人たちだと思います。
ですが、それでもあえて、1%でも読んでくれる人がいたらと願いつつ、
今後もここに生活風景を綴っていくつもりです。

周りの人の目を怖がったり、引きこもったり、自信なんて少しもなかった僕が、
日本、実家を飛び出して外の世界に出たことで少しずつ「本当の自立」が何なのかを探していく行程を
みなさんにも見てほしいからです。


以前の自分が描いていた将来、自立

お金をとにかく稼ぐ、実家出て一人暮らしする。
誰にも頼らず一人で生きれる力をつける。
辛いこと苦いことを飲み込むのが男。
その先に自分の家族を養う力がつく。

これが「自立」なんだと思っていました。
いまは、これが「自立」ではなく、「孤立」だという事がよくわかります。



現在の僕が思う「自立」


「金銭的自立』
お金は稼ぐが、自分が幸せだと思える時間を守れるのに必要な分だけで十分。
もちろん収入が多いに越したことはないけれど、そのために自分の幸せを削るようなのは論外。
例えば家族や友達とおしゃべりしたり、一緒に過ごす時間。のんびりぼーっとする時間。運動する時間。
これらを犠牲にしてまでお金を稼がないと、と以前の僕は考えていました。
ですが、よくよく考えるとこれではお金に人生を支配されているのと一緒です。
本来お金は自分の生活を豊かにしてくれるものでこそあれ、窮屈にするものではないのです。


「社会的自立」
辛いとき、苦しいとき、一人で踏ん張ってとげとげするのでなく、周りに協力を求めたり、助けを求められる。
自分の身になるとわかるのですが、案外、助けを求められる側というのは悪い気はしないものです。
勇気をもって頼みごとをしたり、一緒に協力して解決しようと伝えるのは相手にとっても嬉しかったりします。
身近な人が困っているのに自分を頼ってくれないというのは、逆に寂しく感じますよね?
自分でできることは自分で。自分ひとりではきついことは、他人に助けを求める。
僕が思うに、これこそが真の自立。


外の世界から日本の社会を見ると
やはり日本人は働きすぎだと、改めて思います。
仕事が楽しくてしょうがない、というのならわかりますが、
不本意ながらに残業や休み返上で仕事をしている人が沢山いるのが現状です。

自殺を考えるようになったり、毎朝うつうつした気持ちで目覚めるのは
「人の送るべき生活」ではないと思います。
狩りをして、農作物育てて、ごはん食べて、踊って、歌って、寝て。

それでいいんですよ!







12月のおしらせ


『援交日誌~小泉ことりの場合~』

ついにDL、DMM、デジケットでダウンロード版が販売開始です!

内容は一緒なのですが、一部修正されています。
ランドセルがNGなので、DL版ではランドセルがリュックサックになっています。
そういうが許せない職人気質な方は、書店さんでの実物の購入をおすすめします。

DMM
DLsite



0_20171121181416854.jpg



また、現在次回作の執筆を進めています。
家出少女との援交を動画撮影するお話なのです。
来年一本目の作品として出せればと思っています。

2012年の1月ごろにコワレ田ラジ男として初の同人誌を出したので
今年の1月で丸5周年記念でした。
来年の1月で6周年記念、そして活動7年目に突入です!
10年めざして執筆がんばっていこうと思います!

こうして継続できるのも、作品を購入してくださる読者の皆様のおかげです。
ありがとうございます!

C93への参加はしませんが、
皆さまは参戦されると思いますのでお身体に気を付けてください。

それでは皆様!
よいお年を!

【11月新刊】援交日誌ー小泉ことりの場合ー

11月新刊ついに完成しました!

11/25(土)から
全国の同人書店さんで販売予定です。
予約も好評受付中です!

とらのあな




メロンブックス
メロンブックス


0_20171121181416854.jpg


a.jpg



b.jpg



c.jpg



1_2017112118142271c.jpg



2_20171121181423b0d.jpg



3_20171121181426ca3.jpg


7_201711211814325d7.jpg



8_20171121181434df4.jpg




はてさて、パンチカスの娘
小鳥ちゃんはどうなってしまうのでしょうか?
気になる方は、ぜひともご購入を!









◆ヒーローキィのひとりごと◆

2017年12月を目前に
とある分岐点に立たされているヒーローキィです。

ロリコンに風当たりが強い世の中になってきました。
いや、もともとすごい嫌悪されている人種(?)なのですが
今年は輪をかけていろいろすごかったなと思いました。
ロリコンでも、漫画や二次元のロリが好きなのと、現実のペドの人は全然違うと思うんですが、
何かと肩身が狭いです。


そんな苦境の中でこういった援交シリーズを描きはじめた
ロリマンガ界新参者の自分ですが、何かうっすら手応えを感じています。
これまで二次創作同人誌を描いてきた自分が、
オリジナルでシリーズを作るというのは自分にとっては新しい試みでした。
小さな一歩ですが全身できた気がします。


一番うれしかったのは
「エロ漫画」としてではなく「作家」として尊敬しているクジラックス大先生にTwitter上でフォロー、いいね、RTしていただけた事と、恐る恐るDM送ってみたら返事が返ってきたことです。

遠い遠い遥か頂に君臨する神に近い存在から一言いただけたのは、ものすごく励みになりました。ありがとうございます。

さて今作が今年最後の同人誌です。
2017年も本を買ってくださった方々ありがとうございました。
今後も不定期ではありますが、こちらで活動報告させていただこうと思います。
よろしくお願いいたします。

ひつじカウンター
プロフィール

ヒーローキィ

Author:ヒーローキィ
実家に引きこもりエロ同人誌の収入だけで生活していたが、
ある日、スーパーでフィリピン産のマンゴーを見つけ、
「マンゴーですら海外から日本に来ているのに、
僕は日本しか知らずに何をやっているんだ」と怒りを覚え出国。
現在は東南アジアを生活の拠点に、
えっちな同人誌やイラストを描いている。






お仕事用連絡先
neetkey★gmail.com
★を@に変えてどうぞ

外部活動

コワレ田ラジ男の同人誌
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。